東京都荒川区 母子生活支援施設 定期訪問 (2005年11月分)

<午前中:幼児さん対象の活動>

私は今回も、もう1人のボランティアの方と2人で、6歳の女の子を担当しました。初めは、施設の学習室で赤、オレンジ、緑、黒などの色と石鹸の元を一緒に混ぜて、いろんな形の石鹸を作りました。作った後は一緒に手を洗って、ちょっと寒くなったのでオーバーを着て、近くの公園に遊びに行きました。かくれんぼをして遊びました。その子は走ることが好きで、いっぱい走って汗が出ても、気持ちのよさそうな顔をしていました。

<午後:小学生以上対象の活動>

 午後もまずは石鹸づくり。男の子は興味持つかな?と思っていたのですが、みんな楽しそうにココアやシナモンで石鹸に色をつけて、いろんな形の石鹸をつくっていました。女の子はすごく熱心にやっていてすごく楽しそうでした。その後はプラ板づくり。プラスチックの板にマジックで絵を書いて、オーブントースターで焼くとみるみるうちに縮んで、硬くなります。焼く過程も子どもは楽しんでいました。また、最初に穴を開けておけばキーホルダーにできたり、子どもに人気の活動の一つです。余った時間は外で遊ぶ子、まだまだプラ板をする子、いろいろでしたがみんな楽しそうでした。

 最近、幼児さんも小学生も参加してくれる子が増えてきて、にぎやかになっています。来月はクリスマス会。また、子どもと一緒に楽しみたいと思っています。