東京都荒川区 母子生活支援施設 定期訪問 (2005年9月分)

 午前中は幼児さんと遊びました。参加してくれた幼児さんは5人でした。毎回、最初は恥ずかしそうにしている女の子もいますが、少し経つとみんなやんちゃになり、ボランティアにいたずらをしたりしてきます。幼児さんの成長はすごく早くて、少し会わなかっただけで、いろんなことをしゃべるようになっていたり、ちょっとませたことを言ってきたり、びっくりです。今月はペンシルバルーンをしたり、近くの公園で遊んだり、思い思いに遊びました。たまたまおもちゃ屋で見つけたシャボン玉ピストルを持っていったのですが、すごく子どもたちが楽しんでくれて、個人的にうれしかったです。

 午後は小学生以上の子ども6人が来てくれました。ちょうど、子どもたちの通う学校でお祭りがあったので、スーパーボールすくいや輪投げをしました。あんまりうまくできず悔しそうな子も。その後公園に向かい、今月のメインの活動、ザリガニ釣りです。ザリガニのいそうな場所を狙って、スルメをえさにして頑張ってみましたが、結局釣れずじまい。残念でしたが余った時間は子ども、ボランティア総勢10人以上で鬼ごっこをしました。子どもたちは危なくなると「タイム!」と言ってずる(?)をするのでなかなかつかまらず、ボランティアはみんなへとへと。でも、久しぶりにみんなで一つの遊びができた気がして、ザリガニは釣れなかったけどすごく楽しかったなあ、と思いつつ施設に帰りました。