東京都荒川区 母子生活支援施設 定期訪問 (2003年8月分)

 今回は都電に乗って荒川遊園まで遊びに出かけました。珍しく、子どもの参加人数が少なくボランティア2人で1人の子と過ごしました。

 到着したら、ちょうどお昼時だったので木陰でサンドイッチを食べてから、観覧車や汽車などの乗り物に乗ってはしゃいだり、小動物を見たり、水遊び場で足を水につけて遊んだりしました。快晴で気温も高かったため、水遊びは気持ち良く服が濡れてしまうほどでした。恐がりながらも蝉を手で捕まえようと頑張っている子もいました。帰りの都電の中では疲れて眠そうな子もいたり、まだ元気のある子もいましたが、皆で楽しく過ごせたのではないかなと思います。

 暑さのせいで体力的には少し厳しかったんですが、汗をかきながらもそんなことを気にせず笑顔で遊ぶ子どもの姿をみて、たくましさを感じ、元気をもらった気がします。

 私は今回で3回目の参加で、初めて男の子の担当になり緊張していたのですが、他のボランティアの方々や子どもたちのやさしさに助けられました。私自身がもっとしっかりしなくてはいけないなと実感させられました。楽しくもあり、学ぶことの多い1日でした。