東京都荒川区 母子生活支援施設 定期訪問 (2002年11月分)

 今月は11月24日(日)曇り空の大変寒い日に、室内においてペーパークラフト をしました。クリスマス用の飾り付けを作成したり、紙飛行機等を作成しました。予め今回のペーパークラフトの用意をしてきてくださったボランティアさんが車や動物のカラフルな模型の下紙をたくさん持ってきてくださり、その下紙を基に作成している子どももいました。(なぜか子どもよりも、男性ボランティアさんの方が熱心だったような?)

1時間ぐらいすると熱中して作成にあたる子どもと飽きてきてしまう子どもがでてきて、飽きてしまったこども、特に幼児さん達は寒空のなか外に遊びにいきました。私も今回は幼児さんの担当でしたので、外に一緒についてきました。外では主に、滑り台や落ち葉拾いボール遊び等をしました。同じ遊びを何回も何回も楽しそうにしている様子は大変かわいらしかったです。

あっというまに16:00の終了の時間が来てしまい、まだまだ遊びたがる子どもとお別れをして、ボランティア同士にて簡単な終了報告等のミーティングをしました。ミーティング終了後、希望する子ども達と恒例の銭湯に行ってきました。最初お風呂参加を予定していた子どもの数より多くて、子ども達が毎回お風呂を楽しみにしている様子が伺えました。やはり子どもなので、長くお風呂につかるということはなく思ったより短くあわただしかったです。その後子どもを施設に送り届け、ボランティアのみで懇親会をして終了となりました。