東京都荒川区 母子生活支援施設 定期訪問 (2000年1月分)

 1月の定期訪問に参加して頂いたボランティアの方の感想を掲載します。

「日曜日の過ごし方」

12:30 千代田線町屋駅改札集合。自分は時々時間に少し遅れてしまうのですが、
      みんなはきちんと時間通りに集まっています。・・・気をつけます。

13:00 町屋駅からは徒歩12,3分。人、車がたくさん行き交って騒がしく、
      おいしそうな(食べ物屋さんがたくさんある)大通りから少し入ったと
      ころに施設はあります。
      1ヶ月振りに子どもたちと再会すると、やはりみんな笑顔になります。

13:30 餅つき開始。今月はKIDSのスタッフの人が10時くらいから、臼を
      運んだり、もち米を炊いたり準備をしていてくれたため、順調に進みま
      した。
      いつもはすぐに飽きてしまい、作業を手伝わない子どもたちも、物珍し
      さからか、餅をついたり、きな粉をまぶしたりと、積極的に参加してく
      れたため、おいしそうなお餅が出来上がりました。
      みんなで、きな粉、醤油、あんこのお餅を食べました。やはり自分たち
      が作ったということで、みんなおいしそうに食べていたのが印象的でし
      た。(団子三兄弟もありました。)

15:30 後片付けも終わり、それぞれ庭で遊びました。
      鉄棒やスケボー、鬼ごっこ、思い思いに遊びます。自分は鉄棒で遊んで
      いましたが、小学校時代に出来た技が出来なくなっていることに気づき、
      ショック・・・・。そんなに衰えているとは思わないのになぁ。

      そんなことを感じることもありますが、童心に戻って、無心に遊びまく
      るということが少なくなった今、やはりこの時間を楽しみに、毎回参加
      しているのかな、と思います。

17:00 活動後、みんなで近所の銭湯に行きます。
      いかにも下町といったレトロな感じの銭湯です。入れ墨のおじさんなん
      かもいらっしゃって、子どもが騒ぐといつも冷や冷や・・・。
      なかなか頭を洗おうとしない子もいて、またひと苦労。最後に熱いお湯
      につかって、一日の疲れを取ります。

18:30 場所を変えて、ボランティア同士の懇親会。
      今日の活動の感想や、昔から活動している先輩から話しを聞いて交流を
      深めます。ここでたくさんお酒を飲んで、いい気分。夜もぐっすり寝ら
      れます。


 こんな感じで毎回の活動をしています。
 気分をリフレッシュして、また月曜日から仕事に臨むには、とてもいい日曜日の過
 ごし方だと思っています。みなさんも、いかがでしょうか?